メイン画像

車ローン審査 マイカーローンの審査基準

限度額1千万円の高額融資!低い金利での借入なら
⇒ 住信SBIネット銀行 Mr.自動車ローンはこちら

最短即日融資OK!30日間無利息サービスが利用できるので少額借入なら
⇒ プロミスの詳細はこちら

金利が低くて限度額200万円まで収入証明書原則不要の借入なら
⇒ 楽天銀行のカードローンはこちら

車ローン 審査基準は?

車を購入する時は全額キャッシュでお支払。・・・なんて方は少ないのが現状。
やっぱりローンを組んで車を買うことになると思います。
車ローン、カーローン、マイカーローンとローンもそれぞれ呼び名が異なりますが、
どれも自動車購入ローンに変わりはなく名称が違うだけ。

ただ違ってくるのは、『審査』です。

この審査については、どこでローンを申し込むかによって変わってきます。
車ローンを組むなら、まず、ここがポイントとなってくるので、
当サイトをチェックしてからローンへと進んでください。
そして、目指すはお気に入りの車をGETです!!



審査基準突破をめざすなら

車ローンとしては、下記のようなものが一般的ではないでしょうか。
  • 車の販売店(ディーラー)でのカーローン
  • 銀行のマイカーローン
  • 使用用途自由なフリーローン
審査基準が厳しいと思われる順番で並べてみました。
申込をするならやはり審査を通らなければいみがありませんので、
審査がおだやかな傾向にある車ローンを選びたいですね。

審査基準 その1:車の販売店(ディーラー)の車ローン

販売店(ディーラー)でのローンは“信販系ローン”となります。
特長としては、銀行よりも高い金利であること、
そして一番気になる点としては、
車の所有権が購入者本人ではなく“販売店名”となってしまうことです。

高額な車をローンを組んで買ったにもかかわらず、
車検証の所有者欄が販売店の名前になってしまいます。
これは、ローンを組んだ担保になっているようなので、
車ローンを完済しない限りは自分の名前に書き変わることはないようです。

販売店での購入の場合は1割でもローンにすると所有者名が
自分にならないのがデメリットとなるので、おすすめはできません。


審査基準 その2:銀行系の車ローン

ローンを考えた時に銀行の金利はやはり魅力的です。
固定金利、変動金利、どちらにしても金利設定は低く、
返済を考えるとどうしても銀行で借りたい!と思ってしまうほどです。

銀行ローンのメリットとしては、
    1. 総量規制対象外
    2. 最大借入限度額が大きい

とうことです。

総量規制とは・・・
個人の総借入額について原則、年収等の1/3までに制限される仕組みです。

後で説明しているノンバンク系のフリーローンなどがこれにあたり、
年収の1/3を超える金額の車(車体価格+オプション+諸経費など)を
購入したくても、車ローンの審査は非常に厳しいと言えるでしょう。

次に“最大借入限度額が大きい”という点は、
下記の銀行系の車ローンなら総量規制対象外ですので、
高級車購入や既に他社のローンを組んでいる方に向いています。



ただ、銀行系のローンの場合は審査が難関です。

銀行系のローンの審査基準は各行異なりますが、
一般的な基準としては、
正社員として上場企業などで継続して勤務していること。
ローンを組む予定の銀行へ給与振込口座にしていしている。
・・・などの方なら審査も通る可能性が高まります。

フリーター、契約社員、派遣社員の方だと銀行の審査基準を
パスするのは難しくなる傾向にあります。

審査を慎重に行っている銀行は、
結果が分かるまでの時間が長く、
中古車の購入の場合ですと自分の買いたい車が売れてしまう・・・
というケースもあるようです。
さらに、銀行のローンの場合はその銀行の口座開設が必要になるため、
手続きの項目が増え、融資までに時間がかかることがあります。

『やっぱり銀行から借りたい!』という方には、
最短即日利用可能で200万円まで収入証明書原則不要。
しかも、金利も低い楽天銀行がおすすめです。

⇒ 楽天銀行のカードローン公式サイトはこちら


金利が低いのが銀行系のローンですが、
実は、低い金利で組めるローンは銀行以外にもあるのです。
それは、フリーローン

銀行と同様の金利、
もしくはフリーローンの方がお得に借りれる会社もあるくらいです。
銀行系ローンの審査に不安を感じている方には、
フリーローンもおすすめです。

審査基準 その3:フリーローン(ノンバンク系)

フリーローン(カードローン)は、
“ 低金利 ”で“ 使い道自由 ”なところがメリットです。

現在の車ローンは、車検・定期点検・修理費用、保険費用、部品、
カーアクセサリー費用などにも 利用できる銀行も多いようですが、
銀行はやはり審査が厳しいことと、審査結果に時間がかかるという点が・・・

フリーローンなら、
審査と金利と利用用途と全てを満たしてくれます。


ただ、フリーローンは昔からのイメージが
良くないことがあり、
借りることをためらっている方も
いるのではないでしょうか。

現在のフリーローンは、
貸金業法改正の影響で銀行系カードローンとの競争もあり、
イメージアップをはかると共に金利も低く借り手側を意識するようになっています。

車を購入する時は、
現金なら割引交渉ができる販売店も多い
ので、
お気に入りの車をお得にGETする方法として、
フリーローンの利用もおすすめです。


車購入に使える人気の銀行系ローン・フリーローン

銀行系ローンは、低金利が魅力的な反面、
審査に関しては一般的に厳しいとされていますし、
銀行の口座開設が必要となり、
実際に借入できるまでの時間がかかることが多いようです。

500万円以内の借り入れであれば、
申込みから借り入れまでが最短即日可能
プロミスアコムがおすすめです。


銀行系ローン


住信SBIネット銀行 Mr.自動車ローン

申込基準 安定継続収入がある満20歳以上で完済時満70歳未満の方。
限度額 1,000万円(100万円までは原則収入証明書不要)
所要日数 最短2営業日 ※仮審査結果
年率 1.775%〜3.975% ※借入時に事務手数料として、借入金額の2%相当の金額+消費税が必要
必要書類 見積書 / 請求書 / 注文書のうち1点。振込依頼書など。その他資金使途により異なります。

⇒ 住信SBIネット銀行公式サイトはこちら


楽天銀行のカードローン

申込基準 20歳から60歳までの方で毎月安定定期収入がある方。
限度額 500万円(200万円までは原則収入証明書不要)
所要日数 最短即日利用可能
年率 4.9%〜14.5%
必要書類 運転免許証等の本人確認書類

⇒ 楽天銀行公式サイトはこちら



フリーローン(ノンバンク系)


プロミス フリーキャッシング

申込基準 年齢20歳以上69歳以下で安定した収入がある方。
限度額 500万円(50万円までは原則収入証明書不要
所要日数 最短即日(平日14:00までに契約完了必須)
特長 無利息30日間。条件:プロミス利用がはじめてで、ポイントサービス申込みを30日以内にされる方。
年率 4.5%〜17.8%
必要書類 運転免許証(交付を受けていない方:健康保険証/パスポート) ※外国籍の方は、在留カードや特別永住者証明書なども必要。

⇒ プロミス公式サイトはこちら


アコム カードローン

申込基準 安定した収入と返済能力を有する20歳〜69歳までの方。
限度額 500万円(50万円までは原則収入証明書不要)
所要日数 最短即日(平日14:00までに契約完了必須)
年率 4.7%〜18.0%
必要書類 運転免許証
(交付を受けていない方:健康保険証/パスポート)

⇒ アコム公式サイトはこちら


新しく車を買い替えるときには・・・


車買取一括査定 carview(カービュー)


愛車を高額買取してもらうために、早くて便利な一括査定がおすすめです!
ディーラーで個別に査定してもらうよりも愛車の現在の価値が分かり、
高額売却へと繋がります。出張査定もOK!

⇒ 車買取一括査定 carview(カービュー)



自動車保険 一括見積


自動車保険料を安くするには、
インターネット割引などを活用することをおすすめします!
保険会社によって異なる保険料。
自分の車に最適で安く加入できる保険を無料で複数社より一括見積できます!

⇒ 自動車保険 一括見積













車ローンをどう選ぶか

車ローンは、車を分割払いで購入する時に利用するローンの一種です。ローンを扱っている会社によって、「自動車ローン」「オートローン」「カーローン」など、いろいろな名称で呼ばれています。多くの金融機関が、個人向けの車ローンを提供していて、所得が低い人でも欲しい車を手にすることができるようになりました。ローンを取り扱う会社には、信販系と銀行系とがあり、それぞれに特徴があります。信販系は、自動車会社(車を購入したメーカーで申し込むものなど)や、信販会社が提供するものがあります。自動車会社で組むローンは、いろいろな手続きが簡単で忙しい人にはピッタリですが、どちらも、一長一短がありますのでよく比較します。

金利ですが、インターネットのサイトなどでも比較サイトで比較されています。自動車会社で組む場合は、購入した車との兼ね合いもあり、車体価格を抑えてある代わりに、金利が高い場合もありますし、逆に車体価格を上げて、金利が安いことをアピールしている場合もあり、金利だけで判断することは難しいのが現状です。自動車会社の金利を参考にして、自分でいろいろ調べるのが賢明です。その上で、自動車会社の営業マンと相談することをお勧めします。ローンの金利を下げることはできませんが、自動車本体の価格を下げたり、オプションのグッズを無料で付けてくれたりする場合があります。また、車の点検や車検など、便宜を図ってくれる場合もあるので、いろいろ検討したいところです。


車ローンには見積書が必要

車ローンには購入したい車の、販売業者の見積書が必要になります。購入したい車の見積書を、車の販売業者から受け取り、申し込み時に提出することになります。銀行の車ローンは利用者が多いローンになっています。申し込みは銀行の窓口に、車の見積もり書を持って行きます。そして窓口で申し込みをする事になります。収入証明書の提出も必要になります。申し込みの時は申込書を記載して、見積書と収入証明書を提出して申し込みをします。ほとんどの銀行では、保証会社に審査を依頼しています。保証会社の審査に通り、保証会社の保証を受けられると融資が決まります。銀行にも寄りますが、申し込みをしてから融資までは、10日から二週間ほどかかります。

銀行の車ローンの融資が決まった場合には、車の販売業者に直接振込をする事になります。業者に振込が終わると注文をしていた、車が納車されてきます。その後には申し込み時に立てた返済計画で、毎月の給料やボーナス併用で返済をして行くことになります。こちらのローンの場合には車の金額に応じて、一つのローンでは不足する状況になる場合があります。審査時の限度額が車の見積もり金額に、満たない場合です。その場合などには他のローンの商品と組み合わせて、申し込む事もあります。銀行側では申し込み時に見積もり金額や収入を考慮して、他のローンの併用を勧めてくれます。しかしカーローンは需要の多い商品になっていますので、どの金融機関でも金利は低く提供しています。


車ローンについて

車ローンについて知りたい方や、ご検討の方はいらっしゃいませんか、ご紹介致します。車ローンとは自動車の購入から部品の購入や修理費用まで、自動車に関わる全ての事をローンで支払う事が出来る物の事を言います。自動車に関わる物はどれも高額な買い物と成って来ますので、現金で一括で支払うには難しいと言う方は多いのです。その様な方の為にも車ローンは大切な物なのです。ローン会社へ契約を取る為には様々な方法から行なう事が出来ますので、最も行ない易い物でする事をお勧め致します。インターネット環境がある方であれば、パソコンから公式ホームページを利用して契約を結ぶ事が出来ますので、お持ちの方はお勧めです。

支払いは毎月行なわれますので、銀行から自動的に引き落される仕組みと成っております。自動車自体を購入する時に、自動車販売店の方からローンについての話がある事もあります。支払いに不安な所を感じているのであれば、ローンで支払って行く事をお勧め致します。高額な買い物と成りますので、後の生活に支障を起こさない様にしなければ成らないのです。その為にも車ローンは重要な物なのです。又、自動車が故障してしまった場合、修理費用も高額に成って来ますが、確りとローンを取っていれば焦る心配も無いのです。上記について知りたい方や、行なう事をお考えの方は是非、ローンを行なって見て下さい。安心した生活を送れる様に成ります。